にんにくが口臭を引き起こす原因

にんにくを食べると口臭が臭くなってしまいますよね。なのでにんにくを食べるときは気をつかいますよね。次の日にまで持ち越してしまったりもするので、なかなかにんにくを思う存分食べられることってないという人も多いのではないでしょうか。食べたいけど食べられない、なんてつらい思いをすることもあるでしょう。そんなにんにくによる口臭なのですがどうして起こるものなのでしょうか。にんにくには口臭の原因となっている硫黄化合物というものが含まれています。なのでにんにくを食べることによってにんにくの微粒子が口の中に残ってしまい、その微粒子が口臭の原因となるのです。他にも呼気などに口臭の原因となる成分が含まれてしまうことから口臭がとても臭くなってしまうのです。でも意外とにんにくを食べた本人にしたらそこまで気が付かないものなんですよね。でも他の人からするととっても良く分かるのです。なので、にんにくを食べたかと指摘されたことがあるという人もいるかもしれませんね。大切なデートなどの時には特ににんにくは避けたい食べ物ですよね。

にんにくによる口臭を防ぐには

にんにくを食べた後の臭いって本当に気になりますし嫌なものですよね。その後の予定などによったら食べたいのに好きににんにくを食べられなくなってしまいますよね。それににんにくを食べている側の自分としてはあまり臭いに関して分からなかったとしてもにんにくを食べていない他の人にはとっても敏感に臭うんですよね。それに口臭については言いにくいことですし何も言ってはいないけど、心の中で臭いなんて思われていたらとっても嫌ですよね。ではそんなにんにくによる口臭を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。にんにくを食べた後に脱臭効果を持っている飲み物を飲むこともにんにくによる口臭の予防策の一つになります。例えば牛乳や紅茶、コーヒーなんかが脱臭効果を持っているといわれています。なのでそういった飲み物を飲むようにするとよいでしょう。他にもヨーグルトにも臭いを吸収する働きがあるといわれているので口臭対策に効果があると思います。にんにくを食べた後に何を飲んだり食べたりするかが大きく口臭に作用しているんですね。これで口臭を気にせずにんにくを食べられますね。

このページのトップへ