タバコが口臭を引き起こす原因

口臭が気になる・・・。という人の中にはタバコを吸う人も多いのではないでしょうか?タバコが口臭を引き起こす原因になっている事は誰もが知っている事実ですが、ただ単にタバコを吸ったから吐く息がタバコの臭いがする。というのがタバコが原因になっている口臭ではない事も知っていますか?タバコの中にはニコチンという成分が入っており、このニコチンは血管を収縮させる働きを持っています。血管の収縮がおきる事により、血行不良が起き、代謝を悪くさせてしまう事が口臭の原因の一つといえます。口内の歯茎にも血管は沢山存在しており、血行不良が起きる事で歯周病になってしまう事があります。歯周病にかかると歯周病菌が発生し、虫歯の原因にもつながります。これらの菌が混じって、臭いを伴うガスを発生させ体外に出たものが口臭となります。また、歯周病により、歯茎が炎症を起こし、膿などが溜り、膿からも臭いを伴った液体が出てきます。これもまた口臭に繋がります。ただ単にタバコの臭いがする口臭のうちはタバコを吸わなければ、すぐに口臭はしなくなりますが、こうなってしまってからでは口臭を改善する事は、なかなか難しくなってきてしまいます。健康の為にも禁煙を一番におすすめしますが、どうしても出来ない人はこまめに歯磨きや、歯茎のマッサージをするなどして歯周病や虫歯、口臭ともに予防に努めましょう。

タバコによる口臭を防ぐには

タバコを吸っている人にとっては口臭で悩んでいるという人も多いかもしれません。タバコの臭いって結構こびりついてしまうんですよね。それになかなかタバコを吸っている本人には気が付きにくいかもしれませんがタバコを吸わない人にとってはタバコの臭いってすぐにわかるんですよね。なので他の人からタバコによる口臭が気になるなどの指摘を受けたことがある方もいるかもしれませんね。そんなタバコによる口臭を消そうとするにはどうすればよいのでしょうか。色々な口臭の改善のための商品が販売されていますよね。ガムやタブレット等で改善を目指したことがあるかもしれません。そういった口臭改善のための食品を食べて臭いを紛らわせるというのも一つの方法だと思います。他にはタバコを吸った直後に口をゆすぐという方法も良いと思います。マウスウォッシュなどを使用すればさらに効果的かもしれませんね。口をゆすぐことができるような環境があればそれを行うのが理想的でしょう。それから水などで水分を補給するのも良いです。口の中を保湿するということは口臭対策にとても効果があるんですね。

このページのトップへ