コーヒーが口臭を引き起こす原因

今日は、コーヒーが口臭を引き起こす原因になる!という話題についてお話したいと思います。私も生活の一部となってしまっているコーヒーなのですが、このコーヒーには口臭の原因となる物が沢山入っています。特に、無糖ではない缶コーヒーを愛飲している方(私もその一人です)、とても注意が必要です。缶コーヒーにはコーヒー以外の物も沢山入っている事は皆さん良く知っていますよね?砂糖や香料やミルク、甘味料などです。砂糖は菌の餌となり悪玉菌を増やし、口臭の原因となります。缶コーヒーを飲む事により舌などにこれらが付着して口臭が発生する事が考えられます。また、コーヒー自体にはカフェインが入っているので、利尿作用を促進して体の水分を奪い、口の中を乾燥させたり、血管を収縮させ口内環境を著しく悪化させたりします。そして、怖いのが内科関係にも及ぶ事がある事です。コーヒーといえば胃に悪い・・・、というのは皆さんご存知の事と思いますが、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が胃液を多量に分泌させ胃を荒れさせてしまう事があります。これがひどくなると時には胃潰瘍を発症させる原因になる場合もあります。当然、胃が荒れると口臭も発生する事になります。コーヒー大好きな皆さん、こまめな水分補給や歯磨きと、飲み過ぎには気を付けて、いつまでもコーヒーが飲め、口臭のしない健康な身体でいる事に心掛けましょう。

コーヒーによる口臭を防ぐには

私も大好きで、毎日の生活には欠かせないコーヒーですが、こちらのコーヒー、実は口臭の原因となってしまうんです。だけど飲みたい・・・、やめられないのがコーヒー・・・。そこで、コーヒーによる口臭を防ぐにはどうしたら良いか?を考えてみました。それは、出来るだけ無糖のコーヒーにする事!砂糖やミルクなど口内の菌の餌となってしまう物をさける為です。こまめに歯磨きを行う事!これも菌の繁殖を防ぐ為です。この二つが出来ない時は、コーヒーを飲んだら水も一緒に飲むか、飲んだ後に飲む様にする事!舌に付着したコーヒーや砂糖などを出来るだけ流す為です。これらのどれも実践出来ない状態の時は、シュガーレスのガムを食べる事!これは、コーヒーに含まれるポリフェノールの作用で唾液の量が少なくなっているので、ガムを噛む事により唾液の分泌を促進させる為です。・・・しかし、ここまで考えてしまうと、本当にそこまでしてコーヒーが飲みたいのか?と疑問になってきます。それでやめられれば良いのですが、やめられないのがコーヒーですよね?(笑)コーヒーは飲みたいけれど、口臭も気になる・・・という人は、是非、これらの事に注意してコーヒーライフを送って下さい。虫歯予防にもなりますし、実践して悪い事はありませんよ。

このページのトップへ