胃が悪いことで起こる口臭

口臭は本当に気になる嫌なものなんですよね。自分で気にしている以上に他の人から感じ取られてしまうこともあるかもしれません。それほどに他人の口臭も気になるんですよね。近い距離で喋ったりするととても臭く感じることもあるでしょう。ではそんな嫌な口臭なのですが、胃が悪いために臭くなってしまうのだと思っている人もとても多くいるかもしれませんね。でも実は胃が悪いということと口臭が臭いということは決してイコールではないのです。勘違いしている方も多いので誤解を招きやすいんですね。食道と胃の間にある噴門部という場所があります。これは普段括約筋でしっかりと閉じられています。そして飲食物がそこを通過するときにだけ開くようになっているのです。なのでこの噴門部のおかげで胃の中の空気、つまり臭いが外に出てくることはないのです。なので胃の中の臭いが口臭の原因となるのはありえないのです。なので胃が悪いからといって口臭がするわけでもありませんし、口臭がするからと言って胃が悪いというわけでもないのです。もちろん病気が口臭の原因となっている場合もあるのですが胃の中の空気が下原因になることはないです。

胃からくる口臭を防ぐには

口臭はとても嫌なものですし自分が不快なだけでなく周囲の人に不快な気持ちをさせてしまいますよね。なのでできるだけ気を付けておきたいものです。ですが口臭の原因にはいったいどんなものがあるのでしょうか。まず一番多い口臭の原因は口腔内の病気た食べかすなどによるものです。虫歯や歯周病などの病気も口臭の大きな原因ですし、みがき残しがあったり食べかすが残っていたりするとそれもまた口臭の大きな原因となるんですね。ですが胃が悪かったりした場合なども口臭の原因となる可能性があるとも言われています。ではそんな胃が原因となってしまう口臭を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。食べ物や飲み物で改善させるというてもありますし、嫌な臭いを防ぐためのサプリメントなどが販売されています。胃の中から効果があるというものがおすすめです。なので気になったときにはそういったもので改善させるとよいかと思います。ですがそんな口臭のほとんどは口の中からのものだといわれていますのでまずは口腔内の病気をなくすことも大切なんです。嫌な口臭がなくなるといいですね。

このページのトップへ