肝臓が悪いことで起こる口臭

口臭の嫌な臭いの原因として考えられる理由は色々ありますが、実は肝臓を悪くするということも口臭の原因となっているのです。ですが口臭の主な原因のほとんどは口腔内の状況によるものなんです。例えば虫歯や歯周病などの口腔内の病気によっておこるものであったり、歯磨きがきちんとできていなくて食べかすが歯につまっていてその食べかすから臭うというケースがあります。ですがそれ以外にも肝臓が悪くなることで口臭が起こってしまうというケースもあるのです。ではいったいなぜ肝臓を悪くすると口臭が起こってしまうのでしょうか。肝臓の機能には臭いを分解するという機能があるんです。嫌な臭いの成分も肝臓で分解してくれるので口臭として外に出ることはないんですが、肝臓の機能が低下してしまっているとこの臭いの成分の分解がうまくできなくなってしまうのです。そして分解されなかった臭いの成分が血液に流れて肺にまで運ばれていってしまいます。そして肺から呼気として口臭となって外に出ていってしまうのです。こうした理由で肝臓が悪くなてつぃまった場合に口臭が起こる原因となるのです。

肝臓からくる口臭を防ぐには

口臭の原因の一つとして肝臓が悪くなってしまっているということが考えられます。なぜ肝臓が悪くなると口臭が起こる原因となってしまうのでしょうか。それは嫌な臭いの元となる臭いの成分を肝臓で分解してくれているのですが肝臓が悪くなってしまい機能が低下してしまうことで臭いの成分を分解することができなくなってしまうという理由なんです。そして分解されなかった臭いの成分が血液中に入って肺に送られて、呼気として外に出されるということになるのです。なので肝臓が悪くなると口臭が起こってしまうのです。ではそんな肝臓の悪化によっておこってしまう口臭を防ぐためにはどうすればよいのでしょうか。まずは肝臓に負担をかけないようにして肝臓の状態を改善していくとよいでしょう。食生活の改善や規則的な生活を送るようにしたり、しっかりと睡眠時間をとるようにするとよいでしょう。それから肝臓が悪くなる理由の多くにアルコールが考えられます。なのでアルコールの摂取を控えるようにするとよいでしょう。どうしてもやめられないという人は休肝日をつくるようにして肝臓を休めてあげるとよいでしょう。

このページのトップへ