口が臭いなあと感じるとき

自分の口臭を自身で感じる時は、疲れていたときだったり、寝起きの直後、ふとした瞬間であることが多いですよね。そうやって、自覚症状がある場合は、すぐに対処できるのですが、実は口臭は自分で気づかないことも多く、他人と近くで喋っている時に、不快な思いをさせていることもあるのです。仕事場の上司や同僚の口臭が気になった時、実は自分も同じように気になる相手であることもあるという事なのです。また、口臭が気になっても、口が臭いですよ!という事ができますか?ほとんどの人は、我慢するのではないでしょうか。注意した方は良かれと思っていった事でも、相手の気分を損ねる可能性が高いのも、口臭の難しいところです。自分が言われたら、やっぱりいい気はしないものですものね。自覚症状が少ない口臭は厄介ですが、やはり間近で会話をするときや、大勢の人がいる場所などでは、口臭は気になるものです。口臭が気になっては、楽しいおしゃべりも面白くなくなってしまいますし、大切な話も集中して聞くことができません。人の口臭が気になった時、自分の口臭も気にして、お互い気分良く過ごせる空間を共有したいものですね。

口が臭いと言われないために

お父さん口が臭いよ、お母さん口臭が気になる。子供に直球ストレートで言われるのもつらいものですが、職場であの人の口臭が気になるとコソコソ言われてもつたらいですよね。友人と誰かの口臭について話している本人が、口臭がきつかったら面目もありません。口臭対策はエチケットの一環です。家族や同僚に不快な思いをさせない。電車やバスなど公共の場で、他の人を気分を害さない。口臭用のタブレットや錠剤などは即効性があり、良いかもしれません。しかし、出来ることなら、毎日行う普段のケアで対応したいですね。口内環境を整えて口臭予防をするうえで、正しいブラッシングというのが重要です。ブラッシングは丁寧にかつ細かく優しくが基本です。その他、食生活も口臭や体臭に影響を及ぼします。ストレスや喫煙も口臭の原因となるので、これらを総合的に改善していくことが、口臭を根本から解決する道筋となっていくでしょう。口臭は自分で気づくことができない場合が多いので、家族や知人に教えてもらったら、少しショックではありますが、素直に受け入れて口臭の対策をとれるぞ!と上手に解釈したいところですね。

このページのトップへ