お茶で口臭を消す

お茶で口臭を消す方法があります。口臭を気にして牛乳を飲む人はよくいますが、牛乳は臭いがキツイ食べ物を食べた時にのみ有効です。お茶には、カテキンが含まれていて、殺菌作用があります。カテキンが口臭の原因となる物質を除去してくれ、お茶にはフッ素も含まれているので、口臭と共に虫歯を予防する効果もあります。口臭を消すのにお茶を飲むのは効果的で、お茶ならとどこでも気軽に飲めます。また、口臭予防のサプリメントと違い、お茶には味に癖がないので、ずっと続けることができ、楽に口の臭いを消すことができるメリットがあります。お茶にはフラボノイドという物質も含まれていて、口臭予防に効果を発揮してくれます。フラボノイドは、口臭防止剤や靴下の消臭剤にも使われている実績があります。Tパックのものでももちろん良いのですが、葉っぱのままでも効果があるので口臭予防のために、お茶の葉を噛むのもおすすめです。この方法は、舌から発せられる口臭に効果があります。お茶と口臭は相性が良いので、お茶の葉を噛む新習慣を身につけるといいかもしれません。

ガムで口臭を消す

ガムで口臭を消す方法と言うのは、一般的に良く行われます。最近では、フルーツ系のガムやミント系のガムなどがたくさん販売されていて、不快なニオイを消す効果があります。おすすめなのは、キシリトールが配合されたガムで、口臭を消すだけでなく、唾液の分泌量を促進させることで細菌による口臭の対策になります。ただ、ガムを噛んでも一時的に口臭を抑えるだけで、根本解決にはなりません。気軽に出来る口臭対策として、ガムを利用する人は多いのですが、本当の対策にはなりません。ガムで口臭を完全に治すことは難しく、一時的に隠す効果しかありません。実際問題、ガムで口臭を消すというのは限界があり、逆効果になって悪化させるケースもあります。ガムが良いのは、付いている香りと唾液の分泌を促進することで、キシリトール配合のものであれば歯にも良いです。食後に噛むことで口内環境を衛生的にし、多少の口臭なら香りがごまかしてくれます。しかし、日常的に強烈な臭いを発する口臭については、ガムを噛んだところで根本的な解決にはなりません。そうした場合、ガムの香りと強い口臭が混ざって余計に強烈な悪臭になるので、このようなケースではガムの香りでごまかしてはいけません。

このページのトップへ