歯周病が口臭を引き起こす

キツイ口臭の原因の一つになるのが歯周病です。歯周病は歯肉が細菌に感染することによって起こる炎症性の疾患です。歯と歯肉の境目のところに、食べかすが貯まり、それを歯磨きなどで清掃できないと、そこに細菌が集まってきて歯肉に炎症が起こるのです。この時、炎症は起こって腫れたり赤みが出たりしているのですが、痛みがほとんどないために、歯周病だと気付かないことが多いのです。この歯周病が進むと、歯周ポケットと呼ばれる空洞ができてきます。歯と歯肉の境目がクッキリしてくるのです。歯周ポケットが広がると、歯は支えをなくしてぐらぐらになってしまい、最終的には抜糸をしなければならない事態に陥ってしまうのです。歯が無くなってしまうのも怖いですが、この歯周ポケットが出来ることで、歯石や歯垢が溜まり、食べかすもさらに清掃しにくくなります。そして最近の居心地の良い住処とかしてしまうのです。そうなると、口臭も酷くなります。歯石・歯垢・食べかす・細菌が一堂に会する歯周ポケットは、周りも不愉快にさせてしまうような口臭の原因となってしまうのです。歯周病だと気づいたら、歯周ポケットが出来る前に早めの対策を取りましょう。

歯周病による口臭を防ぐには

歯周病が原因の口臭を防ぐには、歯周病の治療をすることが最も効果的です。正しいブラッシングを習慣づけることや、定期的に歯科で歯のメンテナンスを行う事はとても有効なことです。ブラッシングも意外と自分の癖というものが強く、正しいと思っているものがあまり効果のないブラッシングである場合もあるので、歯科衛生士や歯科医の指導の下、ブラッシングを覚えるのも良いかもしれませんね。その他、歯周病に間接的に影響を与えているものもあります。歯ぎしりやくいしばりなどの癖、入れ歯などの義歯や虫歯治療のための冠、不規則な食生活、ストレスや喫煙、病気や長期にわたる薬の服用なども歯周病の原因と言われています。複合的な要因が重なって出来る歯周病、自分の歯周病の原因を見極めて、対処することで同時に口臭も予防できるのではないでしょうか。間接的な原因の中には、口臭に直接的に関係するものもありますね。口臭を予防することで、歯周病を防ぐと言った逆の効果も期待できるかもしれません。歯周病と口臭は密に関係を持っているので、どちらを改善するにも注目せざる負えない存在だと言えそうです。

このページのトップへ