歯石が口臭を引き起こす

歯石は歯垢が溜まって固まった状態のものをしめします。歯垢は歯ブラシなどでのブラッシングで除去することができますが、歯石となってしまうと普段のケアでは歯が立たなくなってしまいます。歯垢は歯の垢という表現がされていますが、口の中の粘つきです。歯垢は食べかすなどではなく、この食べかすなどを餌としている細菌が繁殖・増殖して粘り気を出しているものなのです。この歯垢が唾液の中のカルシウムと結合することで、ザラザラとした歯石が出来上がるのです。この歯石が歯に付着して固まることで、歯はザラザラとした表面になり、やがて歯周病や虫歯などの原因となってしまうのです。歯石は細菌が固まったものです。この歯石自体にも臭いがあります。それが常に口の中に滞在しているわけですから、口臭の原因の一つになってしまうのです。歯石は、歯科などで除去してもらわないと改善しません。歯垢の状態できちんと除去できていれば、歯石になることはないのですが、歯垢が残って歯石になると、歯はざらつき口臭も酷くなる悪循環を繰り返してしまうのです。毎日のブラッシングで歯垢を除去して歯石をできないようにケアすることで、歯石による口臭予防へとつながるのです。

歯石による口臭を防ぐには

歯石は歯にこびりついているザラザラとした塊です。歯垢が唾液の中のカルシウムと結合してできる物なのですが、歯石となってしまうと、除去するのは容易ではありません。歯垢は細菌の塊でねばねばとしている状態です。それがカルシウムと結合して石灰化した歯石は、いわば細菌の石像です。歯石自体に臭いがあり、これが口臭の原因の一つです。さらに、歯の表面が歯石でおおわれると、凹凸が激しく、清潔に保つことが難しくなります。細菌は住み心地が良くなり、さらに歯石が増える悪循環とつながっていきます。そうなると、歯周病や虫歯に進行し、歯石だけでない口臭の原因が生まれてきてしまうのです。歯石を予防することは、口臭を予防するだけではなく、口の中の環境整備に大きな影響を与えてくれるものです。歯石は残念ながら、家庭で行えるケアでは除去することができません。歯科などで歯石除去をしてもらうしかないのですが、近頃は痛みも少なく短時間で行える歯石除去が普及しているようです。費用もあまりかかりませんので、歯石による口臭が気になる人は、思い切って歯科へ足を運んではいかがでしょうか。

このページのトップへ