虫歯が口臭を引き起こす

口臭ってとても嫌なものですし自分だけでなく周囲の人にも嫌な思いをさせてしまうことになりますよね。なので口臭にはできるだけ気を付けていたいと思いますね。ではそんな口臭なんですが実は虫歯が大きな口臭の原因となっているのです。虫歯になってしまうということは虫歯菌が活発に働いていて食べ物の残りかすなどがたくさん歯に残ってしまっていたりこびりついてしまっていたりするという状況になります。それから虫歯の状態の歯はかけてしまっているので隙間などに食べかすがたまりやすい状況となってしまうのです。そしてそんな食べかすや雑菌が口臭の原因となってしまうのです。なので口臭を改善しようと思ったらまずは虫歯をなくすことがよいでしょう。虫歯に気付いたらできるだけ早く歯医者にて治療を受けるようにしてください。早ければ早い方が治療が簡単で済むので決して放っておいてはいけません。それから歯医者で虫歯の治療が完了したら次はもう虫歯にならないように予防する必要があります。歯磨きはしっかりと行うようにしましょう。食べかすが残らないように気を付けてください。

虫歯による口臭を防ぐには

虫歯による口臭と言うのは、虫歯が進行するときに虫歯の原因である細菌が、歯石や歯垢を分解するときに放出する酸と、食べかすなどの分解臭が混ざり合うことで発生るするものです。この臭いはかなり強烈で、口の中が発酵しているような感覚を持つ人もいるようです。虫歯になってしまっている状態なので、まずな虫歯の治療が最優先です。早めに歯科医院で治療することをお勧めします。どうしても、歯科医院に行きたくても、忙しい、口臭の原因が虫歯だと分かっていても、なかなか治療が進まない。という人は、細菌が増えることを抑えること、食べかすを口の中に留まらせないことで、ある程度の改善が見られます。細菌が歯石や歯垢を分解しなければ酸は発生しないわけですので、歯石や歯垢を除去出来る歯ブラシや歯磨き粉の使用も良いでしょう。また、食べかすは虫歯がなくても、口臭の原因となります。食事の後はこまめに歯磨きをすることを心がけましょう。また、歯ブラシでは届きにくい、歯間などは糸ようじや歯間ブラシなどで、清潔を保つのも効果的です。意外とこの糸ようじや歯間ブラシ、やってみると気持ちの良いものですよ。

このページのトップへ