蓄膿症が口臭を引き起こす

口臭が気になる人の中に、蓄膿症が原因となっている人がいます。鼻が詰まるだけではなく、分泌された鼻水がのどや鼻腔にまで溜まってくると、そこで炎症を起こしてしまいます。炎症を起こして細菌が増殖して膿が出来上がると、膿が強烈なにおいを持っていることから、口臭へとつながるのです。さらに、蓄膿症の人は鼻が詰まってしまうために、無意識のうちに口呼吸となっていしまっている場合が多いようです。口呼吸が増えると口の中が乾燥してしまい、唾液の量が少なくなってしまうので、口臭へとつながるのです。その他、蓄膿症を治療するための薬の中には、口の中を乾燥させてしまう副作用を持つものがあり、そういったものでも、口臭の原因となります。口の中の乾燥に関しては、こまめな水分補給や、飴やガムを上手に利用することで、改善させることが可能ですが、口腔内で起こった膿を伴う炎症は、早めに病院での治療が必要です。鼻が詰まっている。慢性的な蓄膿症だから仕方がない。と割り切ってしまうと、口臭などの副産物でストレスや悩みになってしまう事があります。慢性的でも蓄膿症だと思ったら、早めに医療機関を受診してくださいね。

蓄膿症による口臭を防ぐには

蓄膿症が原因の口臭には、様々なタイプがあります。鼻が詰まってしまって、口呼吸が増えることで口腔内が渇いてしまって口臭につながるもの。服用している薬の副作用で口渇作用のあるものの影響。口腔内や鼻腔に起こった炎症で、膿が溜まりその膿が発する臭いが口臭となってしまう場合などが、主なタイプです。その他、蓄膿症の症状のためにストレスを感じて、それが口臭とつながってしまうという間接的なものもあります。鼻腔に溜まった膿は鼻の中のにおいとして、本人を悩ませたり、本人に自覚症状がなくても周りが気づくほど臭う場合もあるようです。そんな蓄膿症が原因の口臭を防ぐには、蓄膿症の治療が必要です。蓄膿症は、抗生物質など強い薬で症状が改善することもありますし、手術などが必要な場合もあります。突発性のものであれば、劇的な改善もみられるのですが、慢性的な蓄膿症となると、治療をしてもはた再発するということを繰り返す人もいます。口渇による口臭であれば、こまめな水分補給や飴やガムなどで唾液を増やすのも効果的でしょう。慢性の症状の場合は、気長に付き合っていくとともに、膿が貯まる前に投薬などで炎症を抑えるのが、口臭の予防につながります。

このページのトップへ